妊娠を望む方や妊活中の女性にとって意識して欲しい事と言えば、

妊娠を望む方や妊活中の女性にとって意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。妊活を行っているということは、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。
中でもマカは、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。
妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに胎児にマカを与えられるようにしましょう。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。
ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大事かもしれません。妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、それだけで妊娠確率が上がるのです。
タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。
マカで血液が増産されると、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。マカの摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、マカは産婦人科においても摂取が勧められているほどです。
産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中にビタミンB6を摂っていなかったと不安に思っている方も少なく無いそうです。
もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。
葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、不妊摂取が推奨されています。ビタミンB6は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です